国立小学校受験では不利?

  • 持ち家なし
  • 固定電話なし
  • シングル家庭

都市伝説のように語られる、お受験で不利と思われている3項目について解説します。

持ち家なし

賃貸住まいで持ち家ではない場合、不利かどうかというお話です。
持ち家があるような裕福な家庭でないと、マイナス評価を受けてしまうのではないかという都市伝説ですね。

これはよく考えればわかるかと思いますが、

全く関係ありません

例えばマンションに住んでいたとして、そのマンションが買ったものなのか、賃貸で借りているものなのかはわかりません。
住所だけでマンションのグレードはわからないので、小さい戸建てに比べてどちらが高いかというのもわかりません。

受験者の家庭を職員が見て回っている可能性もほぼありません。
教職員はそんなに暇じゃない。

もちろん、外部に委託するようなお金はありません。
国立小学校の運営は税金ですから。

このような都市伝説が広まったのは、在学生に賃貸の子が少ないせいだと思われます。

それは賃貸であることがマイナスなわけではなく、小学校受験にかけられるお金があるとか、もともと意識が高い家庭であるとか、そういうところが関係してきているだけだと思われます。

受験の為だけにあわてて家を買ったりせず、子供の成長を見ながらじっくり住まいを探してくださいね。

ちなみにうちは持ち家でしたが、私が住んでいるところは土地が安く賃貸住まいがほとんどいない地域なので、あまり参考にならないかと思われます。
すみません。。

固定電話なし

これは恐らくという言い方しかできませんが、恐らく関係ありません。

昔は固定電話は信頼の象徴でした。
固定電話を引いてNTTに登録するとタウンページに掲載されます。

それがきちんとした家庭の証だったのです。

しかし今は、個人情報保護のためにそのようなことはしない家庭が増えています。
つまり固定電話があるかどうかでは、しっかりした家庭かどうかを判断できなくなっているのです。

ただ、昔の固定観念を引きずっている人が面接官だった場合、悪い印象をもってこちらを判断してくる可能性もゼロとは言えません。
国立小学校は教育概念は常に刷新しているようなところなので、そのような先生がいるとは思えませんが。。

我が家は携帯電話の電話番号でしたが、無事合格しました。

シングル家庭

審査に関わる可能性があります

これに関しては憶測の域を出ませんが、語らせていただきます。

C大附属小学校には、入学時に片親だった人は「1人も」いませんでした。

入学後、私の母が離婚してシングルマザーに、他に離婚してシングルファザーになった家庭が1つありますが、それだけです。
あとはご両親揃っています。
(名簿の保護者名が女性の名前だったのはうちだけなので間違いない)

私の母は、附属小学校入試の為だけに離婚を先延ばししたほど警戒していました。

ただ、これは30年近く前の話です。
シングル家庭が増えた今でも適用されているかというと、そんなこともないだろうという気もします。

しかし、30年前にも一定数いたであろうシングル家庭が、C大附属小学校には「ゼロ」だったことを考えると、警戒するに越したことはありません。
もし国立小学校を考えているのに離婚の危機だ、というご家庭があれば、合格まではなんとか持ちこたえるのがいいのではないでしょうか。
すでに離婚済みのご家庭は、お子さんに希望を託して、マイナス評価を覆してください。

自分がシングル家庭出身のせいか、何故シングルがマイナス評価なのか、さっぱりわかりませんけれどね。
シングル家庭こそ、差別のない国立小学校においでーってすごく思いますよ。

about